#qpstudy 2012.05 に参加しました

#qpstudy 2012.05に参加してきました。

同日の様子はtogetterにて。http://togetter.com/li/306227

今回は新人枠をかなり多めにとってあり、内容も新人向けとしてかなり吟味されてるんじゃないかなーと思いました。

僕は悲しいことにもう新人では無いらしいのですが、ハードウェア関連のお話ということで、わからないところもあると思いますし、復習がてらに参加してきました。

各講演タイトルは仮のままだと思いますので、正確なものはtogetterにリンクがありますので、そちらからご覧ください。

全体の感想

新人向けということでしたが、決して優しい内容ではないと思いました。全体的に見ると、大学で習うようなコンピュータサイエンスの話が多かったかなーという印象です。

クラウド時代にハードウェアの話を新人向けとしてやったってのは、qpstudyなりのメッセージなんじゃないかなーと勝手に思ってたりします。

内容以外の部分では、受付のシステム化がかなり進んでて、とてもスムーズでした。あれはすごいなー。

あとは、今回はニフティさんのノベルティのカードスリーブがなくなってたので、あの中に潜在的TCG層があるに違いない!と強く思いました。

やさぐれギンガさんのアーキテクチャ入門(ためしてガッテン)

勉強会に参加していると思ったら、qp劇団の寸劇が始まりました。大変面白かったです(笑)

ハードウェアの動作を寸劇形式で行うのですが、なぜか残念なパターンばかりでしたね!きっと、ボトルネック調査を大事に!っていうメッセージなんですね!

まあ、でも実際コンピューターアーキテクチャを頭に入れて、どこでどうボトルネックになるのかわからないと、キャパシティプランニングもできないし、性能改善もできないんですよね。

卑しいしょっさんのCPU入門

CPUのお話。パイプライン処理とか、アセンブラとか、大学の内容がフラッシュバックしてきました。

CPUの動作って基本中の基本ですからね。必須知識としてはやはり必要かなーと思います。実務ばかりやってるとなかなかこういう話を聞くことが無いと思いますので、いい機会なんじゃないかなー。

僕は大学の実験でFPGAで論理回路を組んでCPU実装とかしてたので、感覚的にわかっているのですが、初めて聞くとなかなか難しい内容でしたよね。あれをきっかけにして、調べてみたりアセンブラとかで組んでみると理解が深まるんじゃないかなーと思います。

あとは、やっぱり分岐命令がなんで遅いかとか、コンパイラがすげー頑張って最適化する訳とかは知っておいて損はないかと。

いやらしい@hasegawのI/O入門

I/Oについてのお話。

これは正直初耳の内容がたくさんありましたが、発表の内容がすばらしく、とてもためになりました。

特に面白いなと感じたのは、IRQの共有をしていると仮想環境で遅くなりがちな点と、MSIのお話。

あとはマルチプロセッサにした場合、メモリアクセスの関係で、もしかしたら遅くなるかもしれないというお話ですね。このあたりは実務にすぐ役に立ちそうな知識を得られたかと思います。

@hasegawさんの講演はストーリーがしっかりできていてわかりやすいなと思いました。僕もこういう発表できるようになりたい。

優しいしののめのインターフェース入門

インタフェースの紹介兼インタフェースの歴史(パラレル→シリアル→非同期パラレル)みたいなお話。

歴史とともに、なぜインタフェースがそのように移行していったかが説明されていて、面白かったです。

インフラエンジニア向けだから、てっきりネットワーク系のことを話すんじゃないかと思ってたんですが、全然出て来ませんでしたね!

途中で2進接頭辞とSI接頭辞のお話が出てきました。これは前にしののめさんとtwitterでやり取りさせていただいてますので、ちょっとにやっとしてしまいました。

実際、K、M、Gなどを使う場合は、基数が1024か1000かで結構変わってくることが多いんですよね。wikipediaにまとまってますので、そちらを見ていただきたいのですが、テラまでいくと10%程度離れてきてしまうので、結構影響がでます。正しい見積もりをするためには、基数をどっちで計算しているかちゃんと区別するようにしましょう。

2進接頭辞(wikipedia)

個人的には1024の時はKiBとかMiBとかでちゃんと書いてくれるようになればいいなと思うんですけど、なかなか世の中そうはならないですね。

懇親会

懇親会はいつもの通りビアバッシュでした。今回は新人や学生さんとお話する機会があったのですが、肌のツヤが全然違いますね!歳をとったなぁという思いと、若い奴らにはまけんぞという思いと、若い人がたくさんきてよかったなぁという思いがありました。

あと、僕の友人がLTでLTのすすめみたいなことを話してました。とても感動しました。

そろそろLTデビューしてみたいなーとも思ってるので、次あたりには頑張ってネタをつくりたいなーとおもいます。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>